町田市議会議員選挙は明日! 町田市の あなたの一票 矢口まゆ!

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です!

町田市議会議員選挙は本日、選挙活動日程を終えました!!

私も、今週は各委員会に出席、傍聴し公務をこなしつつ夜などは連日町田市内に応援に入っていました。

前のブログでも書きましたが、矢口さんと出会ったのは約3年前、若手議員の会という超党派の勉強会での事でした。

二児の母として子どもを育てながら働いてきた身として、子育ての孤独、辛さや行政に対する不満から、自分がやらなくてはいけないと決意し、4年前に28歳で選挙に出馬しました。

本当に1人でもスピーカーを持って、町田市政の問題点や解決に向けたアクションについて熱く語ります。

出会った時も、ここまで熱心に子育て政策を語る人がいるのかと、私は心を動かされました。

私も当選直後でしたが、大変な選挙を経て、政治の世界に飛び込んだものの、周りからは一期目は余計なことをせずに大人しくしてろと言われたり、Twitterや Youtubeを消せと言われたり、

それでいて委員会や本会議の場でも質問せずに寝てる議員もいる。

絶対に中央区を良くするために、政治の世界を変えるために議員として働くんだと強い覚悟を持って飛び込んだ身として、理想と現実のギャップに悩んだ時期もありました。

そんな地方議員のイメージを変えてくれたのが矢口さんです。

しっかりと情熱を持って動けば、必ず行政も動かせる。働いてるフリをしてる議員ばかりではなく、提案を実現させ、結果をちゃんと残している地方議員もいる。

本当に救われた想いがしました。

ただ、その席では次の選挙に出るかは分からない、悩んでるとも言ってました。

地方議員は限界があるのではないか。

どれだけ提言しても塩対応をされる、壇上で悔しくて涙を流しながら訴えたこともあると話していました。

相当な苦労、辛さがあったと思います。

しかしそれから3年間、ついには実際に1人で町田市を動かした実績は74にもなりました。

あの時諦めず、しっかり働いてきた人です。

そして全国の超党派で作る子どもの事故予防地方議員連盟を設立し、私も設立メンバーとして一緒に活動をしてきました。

矢口さんが次のステージを見つけ、もう4年間やると決めてくれたのが、心から嬉しいです。

この人がいたからこそ、地方議員という仕事に誇りが持てました。

地方議員という仕事を選んで良かったと心から思えました。

3年前のあの時から、この人が選挙にもう一度出ると決めた時は必ず手伝うと決めていました。

正直、無所属だからこそ出来る事もあります。国政政党に所属することが、党の党議拘束を受け彼女の活動の支障になるのではないかと、複雑な気持ちも正直ありました。

ですが、自分のやりたいことを実現するため、国を動かすための手段として、次のステージを目指すんだと決めたなら、矢口さんらしいと思います。

私と同じく、多くの地方議員の心を矢口さんは動かしました。

誰よりも真っ直ぐに、頑固に、曲がったことが嫌いで自らが信じる政策を実現する議員です。

私が尊敬する地方議員である矢口まゆさんと、もう4年間一緒に働けたら本当に嬉しいです。

そして、町田市民の皆様にその矢口まゆの思いや政策が明日届く事を願っています。

政策実績5-7-5はセンスあるし、分かりやすいから毎日続けるんだ!と提案したら見事に2ヶ月やりきりました!!

最後の訴え、よろしくお願い申し上げます。

町田市の あなたの一票 矢口まゆ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です