各国政政党へ児童手当等の所得制限撤廃に関する要望書を提出しました!

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。

さて、最近のブログにて報告していた件ですが、

国に対して、子育て世帯への臨時特別給付金、およびそのスキームとなっている児童手当の所得制限撤廃に向けた議論を促すため、地域政党あたらしい党より各国政政党に下記要望書を提出致しました。

まずは、国民民主党玉木雄一郎代表に直接お受け取り頂きました!!

国会の会期中の中お時間を頂き、世帯主の年収960万円未満という一律の基準のおかしさ、住民税非課税世帯だけでなく苦しむ全ての世帯に行き渡るようにしなければならないと熱弁を頂きました。

議論が盛り上がった時にぱっと資料を出して説明して頂ける点は、流石と思いました。

また、明日の衆議院本会議代表質問にて、玉木代表自ら児童手当等の所得制限撤廃に関して総理に取り上げてくださるとのこと!

テレビ等の印象の通り、とても気さくなお方でした。誰にでも好かれると言われる理由が分かりました、、、代表自らお時間を頂きましてお忙しい中、ありがとうございました!!

ポスターの躍動感・・・・

また、アテンド頂きました永野豊島区議、本当にありがとうございました!


続いて日本維新の会音喜多駿政調会長に直接お会いしました。

日本維新の会としても、児童手当法の改正の際に反対しており、同じ方針であるとのことで、子ども達に関わる政策については、出来る限り全ての子どもへ支給・支援が行き渡るように政調会にて議論・検討して頂けるとお話を頂きました!!

お忙しい中お時間を頂きましてありがとうございました!!

そして更には日本共産党宮本徹衆議院議員にもお会いさせて頂き、意見交換をさせて頂きました!!

宮本議員も教育無償化を始め、子ども関連政策に力を入れており、日本共産党としても児童手当法の改正に反対した立場として、政調会の中で議論して頂けるとお話を頂きました!

本会議直前の時間でお忙しい中、ご対応頂きまして誠にありがとうございました!!

どちらの方々も大変真摯にそして丁重に議論をして頂きましたことに心より感謝申し上げます。

地域政党あたらしい党のスタンスとしましても、全国どちらの政党とも中立に政策本位でお付き合いをさせて頂ければと思っております。

政局に左右されず、どちらの政党とも友党であるとも言えます。

従いまして、今回は全ての国政政党にお声がけをさせて頂き、要望をお伝えさせて頂ければと思っております。

本日も会期中でしたので、全ての政党を回ることは出来ませんでしたが、自民党さんとは子ども家庭庁の創案者でもあります山田太郎参議院議員とお話をさせて頂く方向で調整して頂いております。

また、残念ながら公明党さんは全ての政党から受け付けていないとのことでNGを受け、立憲民主党さんは小川政調会長の事務所様とコンタクトを取りましたが、党本部よりNGが出たとお伺いしております。

全ての政党とお話が出来るように調整を続けております。

また改めてご報告をさせて頂きます。

前のブログでもお話しましたが、政治家の仕事とは政策実現にあるはずです。そうであればその政策を実現するために必要であれば、政党を超えて協力をして解決をしていくべきであると思っております。

党派を超えて、尊敬する議員は沢山います。尊敬する政治家個人と、政策一つ一つを話し合える、そのような政治家を目指し、政党を目指しています。

このようなあたらしい党が目指す優しい政治とあたらしい党の良さが伝われば幸いです。

地域政党として全ての国政政党とお付き合いが出来る唯一無二の政党であると思いますし、今回各党政調会とのパイプを確立出来たのは大きな財産であると思います。

あたらしい党はそのような同じ志を持つ仲間を増やすため、次期選挙の推薦・公認予定者を募集し、同時に選挙対策講座を開講します。

一次募集は締め切ったものの、途中入塾、途中退塾も可能であり通年で受け付けておりますので、是非この機会にお申込みください。

休憩中のタリーズにて。。。。

本当に良い仲間を持ちました!!

この度は三次ゆりか政調会長、各党との調整等ありがとうございました!!

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です