衆院選、応援するのは政党じゃなくて個人です

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。

本日は簡単なブログになります。

連日、区民相談や議会活動、大学院の授業やゲーム開発PJ、党務や会議、打合せの毎日ですが、本日は合間を縫って北区王子へ!!

日本維新の会から東京12区に立候補している阿部司さんの応援に行きました。

久々にマイクで喋って声が枯れた・・・これはいかん。

あたらしい党としては特に公認や推薦を出しているわけではありませんが、友人としても国会議員になって欲しい1人です。

正直、私は国政に関しては無党派です。むしろどちらかというと与党自民党寄りとも思っています。

ちなみに、政党相性診断というのをやってみたところ、

N国とのマッチ率が高いようです笑

違うのでやってみてもN国上位笑笑!!

まぁなんというか、国政に関してはどの政党とも合わないような気がしてます。

ただ、私もあたらしい党としても、政党に関係なく、その今までの人間関係の中で応援したい人を応援します。

その点、党議拘束的なものは一切ありません

所属議員の自由です。

と言う風に連呼してますね・・・

とすれば、逆にうちの所属議員が応援している候補者は、党利党略に関係なく、素晴らしい資質をもった候補者であるという事も出来ると思います。

是非ご期待ください!!



さて、あたらしい党では次回統一地方選挙に向けた公募を近々開始する予定です。

特待生制度を設けて、供託金を党で負担する1人1人を徹底的に教育する、SNSについてもしっかり支援するといった体制を敷こうと思っています。

1年間あれば、必ず当選させられると思います。

詳しくは近日中に公開します!!

是非ご注目ください!!

それでは!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です