4月開催のまちづくり協議会は傍聴禁止、区の決定に抗議します

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。

明日の4/12に銀座地区まちづくり協議会が開催されます。

ところが中央区からは感染拡大防止を理由にまちづくり協議会の傍聴を禁止する旨の通知が届きました。

まちづくり協議会は、区のまちづくりの根幹となる情報を町会自治会の関係者、区の関係理事、東京都を交えて話し合いを行う大切な場です。

また、区民にとっては貴重な情報や意見を知ると共に、その話し合いが適切に行われるているかを監視する大切な場でもあります。

まん延防止等重点措置が解除され、今回の会場は関係者を全て入れても定員の半分も満たしません。

例えば10名限定などで傍聴を認めても何ら感染リスクは拡大せず、医学的根拠に基づくとは思えません。

また、感染リスクを考えるのであれば、広く傍聴を認め、多くの意見を募るためにもそもそもオンライン配信すべきであるとは以前から我が会派も主張しているところです。

会派、かがやき中央は本決定に抗議するため、急遽下記の要望書を区長に提出致しました。

それはおかしいと、沢山のご意見を頂いてます。

皆様からもご意見のほど、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です