デジタルハリウッド大学大学院を修了し、今年度の奨励賞を受賞しました!

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。

ご報告が遅れましたが、この度デジタルハリウッド大学大学院を修了し、デジタルコンテンツマネジメント修士として認定がされることとなりました。

また、私が以前から取り組んでいた政治家育成シミュレーションゲーム「政治家になろう」の事業が表彰され、「奨励賞」を頂きました!!

そして先週、デジタルハリウッド大学大学院の今年度の成果報告会「The DAY」にてプレゼンテーションを先週行いました!!

思えば、この2年間、仕事との両立が出来たのもほとんどの授業が遠隔で行われたという点はあります。

結果、自分でHPを作ったり、Unityで作品を作ったり・・・

その他にも様々な分野で活躍されている教授から経営学、芸術学、マーケティング、プログラミングなど沢山のことを学び、そして経験が出来ました。

そしてEdTechの最前線を学び、議会活動に活かしつつ今後も公教育におけるイノベーションを更に推進していきたいと思っています。

(そういえばEdvation Summitのまとめは近日中に書かねば・・・)

そもそも何故私がデジタルハリウッド大学大学院に入学したいと思ったのか、

それはひとえに、これからの時代は政治家こそがデジタルコンテンツを活かせるだけの知見や技術を身に着ける必要があると考えたからです。

例えば、区民の方のためになるサービスを直ぐに作れるような政治家こそが、次の時代には求められます。台湾のオードリータン大臣は素晴らしいですが、そもそもエンジニア出身です。日本でエンジニア出身の方が政治家になることが難しいのであれば、政治家がまず学ぶべきです。

行政DX、政治のDXを進めていく上で何が一番障害となっているかを考えれば明白です。決裁者、トップにデジタルに対する知見があまりにもないのです。

結果、分かる人に任せっきりとなってしまい、システムやサービスの要件定義が現場(区民の意向)とデベロッパーの間で不十分であるままリリースされ、使いづらいから使われないといった事態を生みます。

デジハリは、まず入学の際に何を作りたいか、個人のビジョンが求められます。

自分が変えたい「何か」があり、作りたい「何か」があり、それを作るために必要な知識を身に着けるため、自分で講義を選択する、というSTEAM教育さながらの手法が自分には合っていると思ったからです。

結果、2年で自分が作ってみたかったものを作れました。感無量です。

そして、この2年間で、自分が先頭に立って政治・行政のDXを進めていく覚悟が出来ました。

そして沢山の感謝を込めての私のこのプレゼンでした。

プレゼン資料はこちら

YOUTUBEでの発表録画はこちら!

私の発表は45:30~

また、同期のみおしんさんが、動画を撮っていてくれたのでお借りします!!

スライドの切り替えちょっとミスりましたが・・・・(↑にアップした登壇資料にて内容はご確認ください!)

私が伝えたかったのは、私が常日頃から言ってますが、

政治こそが、この暗い時代の希望であるべきであるということです。

でもそのためには政治家がまずは変わらなくてはいけない

だから私は大学院に入学しました。

また同時に、政治や政治家をもっと身近にするためにはどうすればいいのかを考えました。

そのための手法として、親しみやすいゲームを通して、選挙の大切さ、投票に行くことによって町が変わっていくという実感を持ってもらいたいと考えました。

そして、自分が理想とする政治家を自分で作り、有名政治家とコラボした上でもっと政治や選挙の面白さを伝えたかったのです。

このCMもプレゼンのために5時間くらいで自分で作りました!

今、外国では戦争が起きています。

でもやはり私は政治を信じています

政治家が希望となる時代を作る、そのための覚悟を決めた2年間でした。

でも冒頭の話に戻りますが、ずっとオンラインでした。

今回、成果発表会を通して、久々に(初めての方も沢山)同期の方々と話せたくらいです!

2日間本当に楽しかったです。

そして出来ればもっと会いたかった・・・・もっと話してみたかった・・・

なんとなくですが、デジハリの自由な雰囲気や、個性を重視するところ、面白い人が集まるといった点は私が通ったSFC中高株式会社ドワンゴに似ています。一貫した場所を選んでいるのかなとも思いました。

でもプレゼンでも言いましたが、ここからがスタートです。

ここからイノベーションのための戦いが始まります。

だからこれからもっと会えたらいいなと思ってます。

私の人生の中で最も大切な財産は、「人」です。

今まで出会ってきた全ての人のお陰で、今自分は立ってます。

そして、これからの新しい道を歩いていくときにも、今まで出会った方と、そしてこれから出会う方と進んでいくのだと思います。

その感謝を込めて、プレゼンをしました。

機会を頂きました大学院と、そしてオンラインであっても、出会えた方々に感謝しています。

今回、実質的なMVP?となる賞を頂きました。

それは私だけが頑張ったのではなく、デモコンテンツを一緒に作ってくれたチームの方々、そしてアドバイスをくれた方々、あるいは今政治家として自分を押し上げてくれた、沢山の方々のお陰です。

より一層、やる気になりました!!

我が人生を振り返れば、いつの時代でも唯我独尊の道を切り開いてきた自分ですが、相も変わらず、こんな政治家たぶん日本に他にいないだろう・・・と言える道を歩めています。

ひとえに、全ては区民の皆様のために

その初心を忘れずに、これからも先頭に立って突き進む政治家を目指します。

最後に、デジハリのモットーでしめます。

バカにされよう。世界を変えよう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です