陸海空を制する?つながるまちTSUKIJIへ!

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。


中央区が誇る築地市場が解体され、その跡地の活用が非常に注目されています。


東京2020大会期間中は、交通ターミナルとして活用がされていましたが、いよいよ再開発に向けて走り始めます。
築地市場跡地は東京都心の中心地にわずかに残る貴重な広大な土地です。
土地は東京都が持っていますが、2019年に東京都が発表した築地まちづくり方針では、築地の将来像について、国際会議場(MICE施設)等の機能を中核として、築地ブランドを含む新たな東京ブランドを創造・発信する拠点、文化・芸術、テクノロジー・デザイン、スポーツ・ウェルネスなどの機能が融合した拠点とするとしていました。

https://www.nomu.com/machikara/4198/

地元中央区としても、場外市場や地元住民と一体となった再開発を東京都に要望しております。

先日発表がされた、「中央区築地まちづくりの考え方(案)」では「東京都心を支える広域的な交通結節点」として、周辺地域との繋がりに配慮しつつ、防災活動拠点としても機能するような環境整備を東京都に要望する方針です。

地下には現在中央区および東京都が国に対して働きかけている、晴海地下鉄新線!!
船着場では川を活用した舟運!!
大きな駐車場は首都高にも繋がっていく・・・


そして今回突然出てきたのが、、、


空路:ヘリポート!!

急に出てきました。
先日のエントリーでも書きましたが、朝日新聞の屋上ヘリポートが現在ありますが、航空法の関係で築地の建設が制限されるくらいなら築地にもうヘリポート作っちゃえばいいんじゃない?というフランクに言えばこのような考え方でした。

そう、TSUKIJIは陸海空を制するんです!!!

たぶん真の意味でのアバンストラッシュを撃てるようになります(古い)


防災用というだけでなく、民間にも開放するのか、そうなった場合に騒音問題は大丈夫か、など懸念点はありますが、今後の再開発情報に注目しましょう。




しかし!!!



こういった重要な方針が何故、どこで、決まっているのか・・・?
という疑問があります。
あまりに閉鎖的すぎる中央区のまちづくり方針の決定方法を、次回は取り上げます。



今までの経験上、これを取り上げると必ず圧力を受けるのですが、、、、


それではまた!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です