自治会防災訓練に参加!被災した時の共助の要です、是非皆様もご参加を

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。

土曜日は晴海テラスマンション自治会の防災訓練でした!

ちなみに私は防災士の資格も持っています。

私も19階フロアの班長として今回も参加致しました。


まずはうちの場合このように、被災しているかどうかを示すステッカーをドアの外に貼ります。

救助の必要があるかを迅速に知らせるためです。

マンション防災の基本は、3日間自室で待機です。

その際に必要なのは、食料簡易トイレ等の備蓄と、共助による助け合いであると改めてご認識頂ければ幸いです。

被災した場合は、フロア毎に班となって行動します。

防災ガイドラインも各階エレベーターホールの消火器の裏に備え付けされてますので、ご確認ください。

点呼の上、ドアに貼りだされたステッカーを確認し、一階のエントランスホールへ!!

今回は東京都消防庁のご協力の上、敷地内でAED講習消火器放水訓練煙体験ハウスも実施して頂きました!!

子ども連れで簡単なアトラクションのように参加出来るイベントとなりました!

自治会の皆様、消防庁の皆様、ありがとうございました!!

終わったあとは、マンションのクリスマス会も兼ねてクリスマスツリーの飾り付けと、備蓄品を受け取りました!!

やはり参加率向上が課題ですね。

どうしてもコロナ禍という事もあり、参加率も伸び悩んでいると思われます。

一方で同じマンションでも8割以上の方が参加されるマンションもあるとのことで、どのように工夫をされているのか私も伺いたいところです。

いざ災害が発生した場合、頭は必ずパニックになります、想定外の事象が発生します。

その時に頭で考えるより前に身体で動けるように、防災訓練への日常的な参加は必要です。

是非皆様もご参加ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です