街頭活動は政治のあたりまえ!選挙の前にだけ顔を出す政治家はいらない

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です!

本日は朝は勝どき駅の東日本銀行側でご挨拶でした!!

久々にお会いした方からもお声がけを頂き、嬉しかったです!!

前回君に入れたよ!バス停作ってくれよ!頑張れ!!とエールを頂きました。ご要望は必ず責任を持って東京都や中央区に伝え、実現に向けてアクション致します。

思えば今年は殆んどが緊急事態宣言下であったため、街頭活動は自粛していました。

でもやはり政治の基本は街頭活動です。

よく政治家の駅頭を苦行、或いは修行と例えている方もいらっしゃいますが、それは違うと思います。

街中で沢山のご要望を聞くことも、雑談をすることも、私たちにとっては一番大切です。

地域に密着して活動を続け、行政と市民の橋渡しを行うのが政治家です。

だからとても楽しいんですよね。

そして、このデジタル化が進む社会においても、街頭活動こそが基本でありあたりまえであるべきだと私は思います。

もちろんコロナ禍の中で、SNSやオンラインを通じてご相談を頂く機会も増えましたが、オンライン上でもリアルの街中でも、簡単に出会えて声を集める存在、頼りになる存在に私はなりたいと思っています。

来年はコンスタントに週2,3回は活動を続けようと思います。

2年前の選挙の際にもずっと言ってましたが、

選挙の前にだけ顔を出すような政治家にはならない!

是非見かけたらお声がけください!!

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です