優れたデザインとは何か、中央区のシンボルマークの素晴らしさ!

大学院の課題で、身の回りで優れたデザインを紹介する、という課題があり、中央区のシンボルマークを選びました。

どのようなデザインが優れているのか、という点は諸説あります。機能的であり、革新的であり、美しい、分かりやすいなど。



私はこのシンボルマークを見て、美しい、分かりやすいと直感的に思いました。


中央区のHPによると

【シンボルマーク】

 このマークは東西南北へCを描きながら、調和のとれた未来都市へと発展する姿を表しています。中央区(Chuo City)に集まる人々と、新しいまちづくりから生まれる生活空間を造形化したものです。色彩はコバルトブルーで、果てしなく広がる宇宙を示しています。四方に広がるCは、中央区のCであり、中心(Center)、コミュニケーション(Communication)、快適(comfort)、ふれあい(Contact)、文化(Culture)などのCでもあります。

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/syokai/monsyo/sinborumarku.html



なるほど、Chuo Cityを構成するCを東西南北に描きながら、それらが絡み合い、まちづくりとしていくこと、とてもコンセプトが分かりやすいですし、中央感がありますね!!


とてもセンスあるなぁと思いました。

また、紋章も好きです。

【紋章】

 本区の紋章は、古くから江戸繁華の基礎となった日本橋・京橋の欄干擬宝珠(らんかんぎぼし)を図案化したものです。橋はむかしから文化経済の発祥といわれ、四通八達を意味し、中央の小円は日本と東京の中心を示しています。(昭和23年7月31日議決)

https://www.city.chuo.lg.jp/kusei/syokai/monsyo/monsyo.html



このジャスト中央感、狙い撃ち感も素晴らしいですよね・・・!!


紋章とシンボルマーク

一般的に自治体紋章はその市町村の風土、歴史、文化などが象徴的に表現され、法人格を表すために作成されるものです。こちらは正式な場面で使われることが多く、中央区以外が使用することは許されていません。

また、紋章とは別にシンボルマークを定めている自治体については、申請をすることにより広く区民がシンボルマークを使用することが許されている場合が多いです。デザイン的にも紋章よりもポップで、カラフルである事が多いイメージですね。

優れたデザインというのは、何、または誰のために作られたのか、そして何を訴えたいのかが直感的に感じられるものであると思います。

中央区のシンボルマーク・紋章はとても好きです・・・!!

さて、さて、東京都内の紋章をWikipediaで見てますと、とても面白いです。やはり漢字から来るデザインが多いですね!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E5%8C%BA%E5%B8%82%E7%94%BA%E6%9D%91%E7%AB%A0%E4%B8%80%E8%A6%A7



皆様が気に入るデザインはありますでしょうか・・・!!



それではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です