晴海客船ターミナル最後の公開日!31年に渡る歴史に幕

こんにちは!中央区議会議員の高橋元気です。

1991年5月に東京港開港50周年を記念されて開業されて以来、地元民から愛され、様々なイベントや撮影の舞台にもなってきた晴海客船ターミナルが本日、最後の公開日を迎えました。

東京湾に寄港するクルーズ客船や海上自衛隊の艦隊なども利用されてきましたが、近年はクルーズ客船の大型化も進みレインボーブリッジを通行できないなど需要が減る一方、施設の老朽化に伴い東京都は解体を決定しました。

また、東京都はレインボーブリッジの外側に当たるお台場・青海に、世界最大の客船に対応した東京国際クルーズターミナルを整備し、2020年9月に営業を開始しましたが、しばらくはこちらの跡地を第2バースとして活用する予定です。

東京2020大会後は、コロナを理由に施設が閉鎖されてきましたが、本来の営業終了日である2022/3/31を前に3連休の3日間だけ最後に公開される運びとなりました。

私も最終日に散歩してきました!!

晴海ふ頭公園の開園も楽しみですね!

広場からのレインボーブリッジビューも大好きでした・・・

私も晴海に引っ越して来て以来、徒歩5分圏内にある客船ターミナルを暇な土日にぶらぶらしていた思い出も蘇って、センチメンタルにもなりました・・・・

私が議員になってすぐに、消防庁の水の消防ページェントにお呼ばれしたことも今となっては思い出です。

昔から私は海沿い凄く好きなんですよね・・・・

それだけに解体は非常に残念に、寂しく思います。

いつもの撮影用カメラではありませんが、携帯で動画も撮影しましたので、議会が一段落したら編集して公開します!!

最後行けなかった方は、是非ご覧頂ければと思います。

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です